ケアショー・ジャパン / 5つの展示会を同時開催2019年1月23日(水)24日(木)東京ビッグサイト 西3・4ホール 10:00~17:00

メディケアフーズ展 セミナータイムスケジュール | Care Show Japan (ケアショー・ジャパン)

メディケアフーズ展

1月23日(水)のセミナー

1月24日(木)のセミナー
 有料セミナー・無料予約制セミナー
  • ①「聴講する」にチェック
  • ②「申込人数」を選ぶ
  • ヘルスケアITセミナーは、受講者様ごとに登録を行ってください(1人1登録)。
  • ③「申し込み手続きへ」をクリック

ご登録されたメールアドレスに【聴講券】メールが届きます。申し込んだ人数分プリントアウトし、当日セミナー会場受付にお持ちください。有料セミナーに申し込まれた方には別途、請求書を郵送いたします。

  • ※1月11日(金)17時以降に有料セミナーに申込みの場合は、ご請求書を郵送しません。会場にて聴講料をお支払いください。
  • ※申込締切日は1月17日(木)です。空席があるセミナーに限り、当日申込を受け付けます。
  • ※1月15日以降のキャンセル(当日欠席含む)は、キャンセル料として聴講料の金額を申込者様にご負担いただきます。
 無料・当日受付セミナー
  • ① 直接当日会場へお越しください。
  • ②「出展社セミナー」は受付で名刺を1枚ご用意ください。
NR・SA

NR・サプリメントアドバイザー単位認定セミナーについて

統合医療展セミナー「F-3」「F-4」「F-5」「F-8」「G-1」は、一般社団法人日本臨床栄養協会認定のNR・サプリメントアドバイザー資格更新のための単位認定セミナーです。該当セミナー5講座のうち、2講座の受講で3単位、3講座以上の受講で6単位が認定されます。単位認定を希望される有資格者の方は「受講証明書(当日発行)」を展示会場の協会ブースにご持参ください。

【A-4】1月23日(水) 14:40 - 15:40 / A会場

日本栄養支援配食事業協議会 共催セミナー 無料・予約制
日本栄養支援配食事業協議会 共催セミナー

地域包括ケアシステムの構築に向けて配食事業者に期待される役割

塩澤 信良

厚生労働省 健康局健康課 栄養指導室 室長補佐(老健局老人保健課併任)

厚生労働省は配食を地域高齢者の健康支援につなげるため、配食事業の栄養管理の在り方を整理し、平成29年3月にガイドラインを策定した。本講演では、高齢者の栄養状態やガイドラインの内容とともに、配食事業者に期待される役割について概説する。

医療・介護を支える、高齢化社会における食事供給について

黒田 賢

日本栄養支援配食事業協議会 会長、株式会社ヘルシーネットワーク 代表取締役

日本では生活習慣病と老化に伴う疾患が医療費における大きな割合を占めています。この現状において、かつ生活の場である在宅における「楽しみ」として、食事には大きな役割があります。食事という視点から今後の高齢化社会の在り方について解説致します。

  申込人数

申し込み手続きへ

【C-1】1月23日(水) 10:30 - 11:15 / C会場

無料・予約制
セントラルキッチンの導入による効果と課題

松本 まりこ

有限会社みやぎ保健企画 セントラルキッチン事業部 統括責任者、一般社団法人日本医療福祉セントラルキッチン協会 常務理事

医療福祉分野におけるCKは15年間で約25倍以上に増加しており、CKを活用する病院や福祉施設も急増している。本講演では、深刻な人手不足、厳しい経営状況や衛生管理への対応などCKの主な導入メリットと、導入効果を実現する上でのポイントとなる条件を提示・解説する。

  申込人数

申し込み手続きへ

1月23日(水) 11:30 - 17:00 / C会場

無料・当日受付
第6回 嚥下食メニューコンテスト ~地域の伝統食からオードブル・デザートまで

日本全国に伝わる食材・食品を活用した嚥下食メニューレシピを募集。書類審査を通過した「一般料理部門」「デザート部門」「行事食部門」各上位2点、計6作品の調理実演による決勝審査会を公開実施、最優秀グランプリを決定します。
写真:第5回最優秀グランプリ

【決勝審査会プログラム】
12:15 主催社代表挨拶
挨拶 一般社団法人日本医療福祉セントラルキッチン協会 代表理事 東條 桂子氏
概要説明 金谷栄養研究所 所長 金谷 節子氏
12:40 調理実演
15:10 協賛企業プレゼンテーション
15:30 記念セミナー「喫食者に喜ばれる美味しい嚥下食・介護食づくりを目指して」
宮城島 宏氏(社会福祉法人慶寿会 松林ケアセンター 管理栄養士)
16:30 審査結果発表・表彰式
審査員が審査結果を発表し、評価ポイントを解説します。

【審査員】
金谷 節子氏(金谷栄養研究所 所長)
柴本 勇氏(聖隷クリストファー大学 言語聴覚学科 教授)
片岡 護氏(リストランテアルポルト オーナーシェフ)

主催:一般社団法人日本医療福祉セントラルキッチン協会、嚥下食ドットコム
協力:メディケアフーズ展2019 後援:月刊「臨床栄養」
協賛:伊那食品工業(株)、(株)エフ・エム・アイ、キッセイ薬品工業(株)、(株)TOSEI、(株)林原、福島工業(株)

【D-1】1月23日(水) 10:30 - 11:20 / D会場

無料・予約制
「油はすごい」 良い油・悪い油に惑わされない新常識

足立 香代子

一般社団法人臨床栄養実践協会 理事長

アブラのイメージは、太る、高カロリー、動脈硬化の危険因子など悪者感が強いが、飽和脂肪酸でもステアリン酸も悪者から外れた。今やアブラは低栄養回避、食後過血糖の抑制、認知症や癌患者のために取るべき存在になってきた。惑わされないための新常識です。

協賛:日清オイリオグループ(株)

  申込人数

申し込み手続きへ

1月23日(水) 11:40 - 12:30 / D会場

出展社セミナー 無料・当日受付
凍結含浸食の効率的な配膳紹介とセントラルキッチン運用の提案

(株)古川製作所

特別認定講師の前田様による調理・配膳紹介。施設のセントラルキッチン運用に適した設備提案。


【D-2】1月23日(水) 12:50 - 13:40 / D会場

試食セミナー 無料・予約制
施設および在宅でのユニバーサルデザインフード活用例

永野 裕子

社会福祉法人聖ヨハネ会 高齢福祉部門 栄養部課長、医療法人社団エトワール会 たんぽぽクリニック 在宅訪問管理栄養士

施設の厨房では人手不足や調理スキルのばらつきなど、在宅では食形態の不適合や咀嚼嚥下調整食の継続不能など、高齢者の多様化する食環境整備については多くの課題があります。このような中、UDFの活用による食形態の標準化について実例を交えてお話します。

協賛:日本介護食品協議会

  申込人数

申し込み手続きへ

【D-3】1月23日(水) 14:00 - 15:30 / D会場

新調理システム推進協会 特別セミナー 2,000円
HACCPの考え方と取り組み

「食品衛生法の一部を改正する法律」が公布され、高齢者施設でも一般衛生管理の整備とHACCPの取り組みが急がれる中、施設においてHACCP導入の準備を始める法人に向けて、HACCPの基本や衛生管理計画の事例等について分かりやすく説明致します。

[総論] PRPの重要性とHACCPに沿った衛生管理の制度化について

栗原 信行

新調理システム推進協会 専任講師、ニチワ電機株式会社 コンサルティング部 料理セクション チーフマネージャー

[各論] 高齢者施設におけるHACCPを実践するための考え方のポイント

山崎 千香子

ニチワ電機株式会社 コンサルティング部 管理栄養士室 課長

  申込人数

申し込み手続きへ

【D-4】1月23日(水) 15:50 - 16:40 / D会場

2,000円
慢性腎臓病(CKD)患者の栄養指導を実践するための知識と考え方

菅野 丈夫

昭和大学病院栄養科科長補佐

CKDの食事療法は、エネルギー、たんぱく質、カリウム、リン、食塩などたくさんの栄養素の調整が必要となるため、その理解と実行が困難とされている。しかし、本疾患における食事療法は治療の基盤でありかつ効果的であることから、管理栄養士による栄養指導はきわめて重要となる。本セミナーでは、慢性腎臓病患者の栄養指導を実践するための知識と考え方について解説する。

  申込人数

申し込み手続きへ

1月23日(水) 12:00 - 12:20 / E会場

出展社セミナー 無料・当日受付
医療福祉分野でのトレハロース活用法 ~食感、色彩、風味の対策~

(株)林原

素材の保水、安定化、矯味矯臭を活かしたメディケアフーズの改善と、再加熱時の課題解決を提案します。

ページの先頭