ケアショー・ジャパン / 5つの展示会を同時開催2019年1月23日(水)24日(木)東京ビッグサイト 西3・4ホール 10:00~17:00

メディケアフーズ展 セミナータイムスケジュール | Care Show Japan (ケアショー・ジャパン)

メディケアフーズ展

02
1月24日(水)のセミナー

1月25日(木)のセミナー

 有料セミナー・無料予約制セミナー
  • ①「聴講する」にチェック
  • ②「申込人数」を選ぶ
  • ③「申し込み手続きへ」をクリック

ご登録されたメールアドレスに【聴講券】メールが届きます。申し込んだ人数分プリントアウトし、当日セミナー会場受付にお持ちください。有料セミナーに申し込まれた方には別途、請求書を郵送いたします。

  • ※1月12日(金)17時以降に有料セミナーに申込みの場合は、ご請求書を郵送しません。会場にて聴講料をお支払いください。
  • ※申込締切日は1月18日(木)です。空席があるセミナーに限り、当日申込を受け付けます。
  • ※1月15日以降のキャンセル(当日欠席含む)は、キャンセル料として聴講料の金額を申込者様にご負担いただきます。
 無料・当日受付セミナー
  • ① 直接当日会場へお越しください。
  • ②「出展社セミナー」は受付で名刺を1枚ご用意ください。
NR・SA

一般社団法人日本臨床栄養協会認定のNR・サプリメントアドバイザー資格更新のための単位認定セミナーです。該当セミナー5講座のうち、2講座の受講で3単位、3講座の受講で5単位が認定されます。単位認定を希望される有資格者の方は「受講証明書(当日発行)」を展示会場の協会ブースにご持参ください。

【C-2】1月25日(木) 15:05 - 16:55 / C会場

特別コラボレーション企画 4,000円 満席
嚥下食メニューコンテスト×メディケアフーズ展

[第一部] 超高齢社会を支える嚥下食・介護食の役割と可能性

金谷節子

金谷栄養研究所 所長

嚥下食・介護食には増加する摂食・嚥下困難者への口から食べる役割を担うと同時に大きな期待が寄せられています。嚥下食ピラミッドを考案した金谷節子氏が、嚥下食・介護食づくりに必要なトレンドをふまえた基本的な知識を紹介し、給食現場等での摂食・嚥下困難者への食事提供のあり方を提言します。

[第二部] いつまでも美味しく食べられる嚥下食づくりを目指して

片山さつき

医療法人協愛会 阿知須共立病院 栄養科長

一昨年の9月に開催された「嚥下食メニューコンテスト2016」において最優秀グランプリに輝いた阿知須共立病院の嚥下食・介護食づくりの取り組みの軌跡と受賞メニューの調理工程を実演・試食を交えてご紹介。あわせて、調理のノウハウや嚥下食メニューコンテストでの評価ポイントを金谷節子氏が解説します。
●第二部は講演者・内容が変更になりました。

共催:(一社)日本医療福祉セントラルキッチン協会、嚥下食ドットコム
協賛:(株)林原 協力:福島工業(株)

【D-3】1月25日(木) 10:30 - 11:20 / D会場

3,000円 会場受付
最期まで口から食べられる街づくり

五島朋幸

ふれあい歯科ごとう 代表、新宿食支援研究会 代表

「最期まで口から食べられる国、日本」を作っていくのは専門職だけでは不可能です。誰もが自分の問題、家族の問題、そしてわが地域の問題として考えなければなりません。このようなムーブメントを地域で起こすために何をしていけばよいのでしょうか。

1月25日(木) 11:35 - 12:25 / D会場

出展社セミナー 無料・当日受付
凍結含浸食の施設運営紹介とセントラルキッチン化に向けたご提案

(株)古川製作所

特別認定講師の前田様による調理実例の紹介。施設のセントラルキッチン化に向けた効率的な設備の提案。

【D-4】1月25日(木) 12:40 - 13:30 / D会場

試食セミナー 無料・予約制 満席
足りていますか?状態に合わせた嚥下調整食の栄養量

麻植有希子

ワタミ(株)健康長寿科学栄養研究所 所長

咀嚼、嚥下機能が低下している高齢者に配慮した食事は「やわらく、飲み込みやすい」ことが大切であるが、食材の加熱や加水によって栄養量が不足する。ヒト・モノ・カネを意識した嚥下調整食の展開と栄養量を施設・在宅の事例を交えながら考えていきたい。

協賛:マルハニチロ(株)

【D-5】1月25日(木) 13:45 - 14:35 / D会場

試食セミナー 無料・予約制 満席
口腔機能引き出す咀嚼嚥下食とスプーンテクニック

(株)天柳

咀嚼嚥下食は咀嚼運動を引き出し、味わいや食感の豊かさ、唾液の分泌などに有効となり、嚥下筋群の活性化とともに食物の送り込む力を育みます。このように生理的な機能を整える食事の形態が口腔機能を向上させ、誤嚥防止し、嚥下反射誘発に効果があると思われます。

1月25日(木) 15:20 - 15:40 / D会場

出展社セミナー 無料・当日受付
医療福祉分野でのトレハロース活用法 ~美味しさと健康サポート~

(株)林原

トレハロースによる素材の安定化、矯味矯臭、離水抑制を活かした介護食、嚥下食での使い方をご紹介します。

【D-6】1月25日(木) 15:55 - 16:45 / D会場

3,000円 会場受付
在宅高齢者の増加で注目集める在宅配食サービス

加藤肇

(株)矢野経済研究所、フードサイエンスユニット ユニット長 理事研究員

高齢化率が27%に至り介護認定高齢者は600万人を超えた。病院から施設、施設から在宅に高齢者を誘導する国の政策から、在宅高齢者の栄養が重視されている。在宅高齢者は、低栄養や嚥下の問題もあり、調理済みの在宅配食サービスが注目を集めている。

ページの先頭