統合医療展

― 医療×ヘルスケア― 次世代医療の連携を支援する

近年、「医療施設」、「薬局・薬店」、「治療院」らは、病気予防を支援する機能を高めており、生活習慣病など慢性疾患の予防・対応においては、ヘルスケア製品・サービスの活用事例が増加しています。 今後、医療のパラダイムシフトに向け、医療関係者とヘルスケア企業の連携は、さらに拡大すると考えられます。統合医療展は、次世代医療における医療とヘルスケア産業の連携を支援します。

統合医療とは

2012(平成24)年度におこなわれた厚生労働省の「統合医療のあり方に関する検討会」においては、「統合医療」を、「近代西洋医学を前提として、これに相補(補完)・代替療法や伝統医学等を組み合わせて更にQOL(Quality of Life:生活の質)を向上させる医療であり、医師主導で行うものであって、場合により多職種が協働して行うもの」と定義しています。国立補完統合衛生センター(米国)においては、「統合医療」を、「従来の医学と、安全性と有効性について質の高いエビデンスが得られている相補(補完)・代替療法とを統合した療法」としています。

出展対象

健康管理

測定機器・システム、検査サービス、食事・栄養指導システム ほか

栄養療法

健康食品・サプリメント、機能性表示食品、特定保健用食品、機能性食品原料 ほか

運動療法

フィットネスマシン、トレーニングツール、運動指導プログラム ほか

医療機器・ヘルスケア製品

医療機器、健康・リラクゼーション機器、医療施設向けヘルスケア製品・サービス ほか

経営支援

経営・集患・集客支援、開業支援、医療コンサルティング、医業人材紹介 ほか

来場者層

医療・介護関係者

医師、歯科医師、薬剤師、看護師、保健師、管理栄養士、理学療法士、作業療法士、病院・診療所、介護・福祉施設 ほか

治療院・運動・健康施設

鍼灸師、柔道整復師、カイロプラクター、整体師、健康運動指導士、フィットネス施設、健康施設 ほか

流通・関係企業

薬局・薬店、医薬品・医療機器卸、製造業、医療系コンサルティング、医療施設設計・施工 ほか

団体・自治体

関連学会・団体、自治体、大学・教育施設、研究施設 ほか

開催概要

名称
統合医療展2020(第16回)
会期
2020年1月28日(火)・29日(水)10:00 ~ 17:00
会場
東京ビッグサイト 青海展示棟
来場者数
15,000人(予定、併催展を含む)
主催
UBMジャパン株式会社
申込締切
一次締切日:2019年5月31日
二次締切日:2019年9月30日
出展料金
350,000円(税別)/1小間スペース ※早期申込割引あり
後援(前回実績)
一般社団法人日本統合医療学会、日本補完代替医療学会、一般財団法人東方医療振興財団 日本東方医学会、一般社団法人日本オーソモレキュラー医学会、一般社団法人日本臨床栄養協会、日本アンチエイジング歯科学会、公益社団法人日本鍼灸師会、一般社団法人日本カイロプラクターズ協会、一般社団法人日本アロマセラピー学会、公益社団法人日本アロマ環境協会、特定非営利活動法人日本メディカルハーブ協会、公益社団法人虹の会、一般社団法人国際統合リハビリテーション協会、特定非営利活動法人アンチエイジングネットワーク(順不同)