出展のメリット

Care Show Japanの3つの特徴

1. 介護・予防分野の総合展示会

高齢者食・介護食の専門展として国内最大規模の「メディケアフーズ展」のほか、「介護産業展」、「保険外サービス展」、「統合医療展」、「ヘルスケアIT」、「保険薬局支援展」、「未病産業展」など7つの専門展で構成された、“介護・予防分野の総合展示会”です。

専門性の高い7つの展示会の明確なテーマ設定は、それぞれ高質な来場者を誘致する要因となっています。各展の来場者プロモーションが相乗効果を生み出し、出展社にとっての最も効率の良いプロモーションの場を提供します。

2. 介護・医療施設、薬局、自治体らが来場

協力団体や関連省庁との連携のもと、施設経営者、在宅介護、病院・クリニック、健診機関、リハビリ施設、薬局、自治体、ディーラーの方々が多数来場します。

来場対象

  • 介護・高齢者施設
  • 在宅介護事業者
  • 病院・クリニック・検診機関
  • リハビリ施設
  • 治療院・健康施設
  • 保険薬局・ドラッグストア
  • 介護・医療流通(販売、卸、レンタル)
  • 食品流通(給食、宅配・配食、小売り)
  • 自治体
  • 健康保険組合
  • 企業の人事・総務・労務担当者 ほか

3. 商談・受注のためのビジネストレードショー

2日間で約16,000人(予定)の介護・医療・ヘルスケア関係者が来場し、出展企業との商談を行う、B to B商談展示会です。

出展社←商談→来場者

出展資料請求はこちら