ケアショー・ジャパン / 5つの展示会を同時開催2019年1月23日(水)24日(木)東京ビッグサイト 西3・4ホール 10:00~17:00

ヘルスケアIT – 国内最大級のヘルスケア×ITイベント

出展資料請求 前回開催報告 ご存知でしたか?助成金を活用した展示会出展について

ニッポンの新しいヘルスケアのカタチを創造する
最先端のテクノロジーが集結

近年、AI(人工知能)やIoT、センシング技術などに代表されるように新しいテクノロジーが次々と生み出され、あらゆる産業分野での利活用が進んでいます。ヘルスケア分野においてもバイタルデータの取得、遺伝子解析から、データ収集・分析、疾病予測、診療、リハビリから見守りなど様々なシーンにおける最先端のテクノロジーの活用が大きな期待と注目を集めています。

次回で第4回目を迎える本展では、優れた技術を持つスタートアップ企業、大手ITベンダー等が出展する展示会と、ITの活用事例、運用・取り組みのノウハウなどキーパーソンをお招きして開催するセミナーを通じて、ご来場者の皆様のIT活用の取り組みの推進を支援いたします。

イベントのテーマ/キーワード

テクノロジー

デジタルヘルス、ヘルステック、AI(人工知能)、機会学習/ディープラーニング、IoT、VR/AR、音声認識、音声合成、画像認識、センシング、ロボット技術、データ解析、データ収集、ウェラブル、ブロックチェーン、他

課題・取り組み

健康経営、コラボヘルス、データヘルス、健康まちづくり、地方創生、地域医療、地域包括ケア、在宅医療、診断支援、在宅介護、自立支援、重症化予防、他

ヘルスケア市場動向

ヘルスケア産業の成長とともにAI(人工知能)、IoTなど最先端テクノロジー活用が拡大
ヘルスケア産業の市場規模

予防や健康管理、生活支援サービス、医療・介護技術の進化などによりマーケットが拡大

ヘルスケア産業の可能性

健康寿命の延伸や、公的保険外の予防医療の増加が新しい産業の創出につながる可能性

地域・健康まちづくりと地域経済の活性化

地域包括ケアの取り組みが進むに連れて、ICTやその他の保険外サービスが創出されることが観光や食品産業など地域経済の活性化につながる

世界のウェアラブル市場規模の予測

生活者、患者、被介護者等のバイタルデータの収集を通じてQOL、医療・介護の効率、質の向上が期待されている

ヘルスケア業界における主な取り組み

ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト

UBMジャパンがサポート企業として参画

「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト」は、ヘルスケア分野において社会的課題の解決に挑戦している優れた企業等の表彰を通して社会に周知することに加えて、ビジネスマッチングを促進することで、それら企業等の自立的な成長を促すことを目指すものです。(主催:経済産業省)
予防・健康管理向け保険外
サービスの活用促進

ヘルスケアITサービス、アプリの専門サイト

食事管理、睡眠改善、ストレスチェック からウォーキングサポートなど予防、健康管理のためのITサービス、アプリと健康経営、自治体等の取り組みをご紹介する専門サイト。(情報掲載は無料)
ロコモの啓蒙活動

健康寿命の延伸をサポート

自立度の低下や寝たきり、つまり要支援・要介護状態の要因の第1位は「運動器の障害」です。本展は、ロコモチャレンジ!推進協議会の活動を支援することを通じて啓蒙活動を展開しています。

加盟団体

ヘルスケア、自治体、医療関連学会への加盟

「未病産業研究会」(神奈川県)、「健康経営研究会」、「日本遠隔医療学会」、「一般社団法人公民ビジネス活性化協会」などの関連団体への加盟を通じて業界の発展を支援しています。

出展対象

予防・未病予防、健康管理向けのIT関連ツール、デバイスなど

  • ヘルスケアアプリ/プラットフォーム
  • ウェラブル
  • スマホ、モバイルアプリ/ツール
  • ストレス/睡眠チェックツール
  • ダイエット/食事管理アプリ
  • バイタル(生体)データ計測・管理・分析ツール
  • 行動履歴管理ツール(疾患・服薬・食事など)

医療・介護医療、介護向けのシステム、ITソリューション/ツールなど

  • AI(人工知能)
  • IoT
  • VR
  • 疾患・活動情報管理
  • ビッグデータ分析
  • 診療・診察支援ツール
  • 遠隔医療システム
  • 治療サポートアプリ
  • 服薬管理
  • 見守りシステム
  • Web会議システム
  • スマホ、モバイル、ウェラブル
  • ロボット
  • セキュリティー

来場者層

予防・未病

業種

  • 自治体(保健福祉など)
  • 健康保険組合
  • 企業(人事・総務・労務、経営企画など)
  • 医療・治療・介護施設
  • 生命・損害保険会社
  • フィットネス、ビューティー関連
  • ハウスメーカー、不動産

課題

  • 健康経営
  • 従業員の生産性の向上
  • データヘルス、コラボヘルス
  • 地域包括ケア
  • 健康まちづくり、地域活性化
  • 重症化予防
  • 商品・サービスへのIT活用
医療・介護

業種

  • 病院・クリニック
    (医師、看護師、薬剤師、システム部門など)
  • 健診機関
  • 薬局
  • 治療・リハビリ施設(経営者、管理部門など)
  • 介護施設(経営者、ケアマネージャーなど)

課題

  • 遠隔診療
  • 診療サポート
  • 業務効率の向上
  • モバイル、ウェラブルデバイスの活用
  • 情報共有ネットワークの構築
  • データ分析
  • AI、IoT、VR等の技術の活用

開催概要

名  称 ヘルスケアIT 2019 [第4回]
会  期 2019年1月23日(水)・24日(木) 10:00‐17:00
会  場 東京ビッグサイト 西3・4ホール
来場者数 15,000人(予定、併催展を含む)
主  催 UBMジャパン株式会社
出展料金 350,000円(税別)/1小間スペース ※早期申込割引あり
申込締切 一次締切日 2018年5月31日(木)
二次締切日 2018年9月28日(金)
同時開催 介護産業展、保険外サービス展、統合医療展、メディケアフーズ展
後 援(前回実績)
健康経営研究会、日本予防医学協会、日本保険薬局協会、ITヘルスケア学会、日本遠隔医療学会、日本ペイシェント・エクスペリエンス研究会、ヘルスケアIoTコンソーシアム、スマートヘルスケア協会、日本健康企業推進者協会、ウェルネス経営協議会、健康経営共創ラボ、日本クラウドセキュリティアライアンス、ロコモ チャレンジ!推進協議会、モバイル・コンテンツ・フォーラム
協賛メディア(前回実績)
HEALTHCARE Biz、Health Biz Watch、mHealth Watch、Health App、BeautyTech.jp、joy.net、Medinew、Somu-lier(ソムリエ)、サンポナビ、月刊総務オンライン、IT トレンド、carebook

出展費用・今後のスケジュール・他社の出展状況など、詳細を知りたい方は出展案内資料をご請求ください。

展示会事務局(UBMジャパン株式会社内) TEL:03-5296-1009 E-mail:info@care-show.com

出典資料請求はこちらから
ページの先頭