メディケアフーズ展

 

高齢者食・介護食・病者食の新製品や最新情報が集結、
本展示会への出展で成長市場への新規参入、販路開拓を

高齢者人口の増加を背景として高齢者食品の市場が拡大しており、2025年には2,046億円(2018年比25.5%増)の市場規模*になると予測されています。

「高齢者に食べる喜びと栄養を―」のテーマのもと、2009年から開催を続けてきたメディケアフーズ展は、これからも開催を通じて高齢者の食と栄養、産業発展への貢献を目指してまいります。
*出典・参考:株式会社富士経済「高齢者向け食品市場の将来展望2019」

特長と来場プロモーション

    1. 1. 高齢者食・介護食の展示会で国内最大

    これほど多くの高齢者食・介護食の試食・試飲をして比較検討ができる機会は他にありません。また、管理栄養士ら現場の方々の意見をヒアリングする場としても非常に有益です。本展示会への出展は成長市場への新規参入、販路開拓に最適な機会です。

     

    2. 専門展ならではの企画・セミナー

    嚥下食メニューコンテスト 決勝審査会*」をはじめとした、専門性の高い企画や実践的なセミナーも本展示会ならではの特長です。
    *主催:日本医療福祉セントラルキッチン協会、嚥下食ドットコム

     

    3. 在宅市場の開拓にも

    後援団体の日本在宅栄養管理学会や全国訪問看護事業協会、日本介護支援専門員協会、日本保険薬局協会らとの連携による来場プロモーションを展開、在宅分野への提案、開拓も期待できます。

     

    \"1分"で簡単入力!/
    出展資料請求

     

    トピックス - 無料セミナー情報 大阪開催!

    食品業界における高齢者マーケットへの対応【2024年最新版】
    ~後期高齢者人口の増加で市場は長期的に拡大~
    矢野経済研究所 加藤 肇 氏(フード&ライフサイエンスユニット ニュートリショングループ 特別研究員)

    日時:2024年5月30日 12:45-13:30  無料・事前申込優先
    場所:マーケティングテクノロジーフェア大阪 展示会場内(マイドームおおさか)

    市場研究

    高齢者向け食品の市場規模と2025年予測

    ○高齢者人口の増加を背景に高齢者向け食品市場が拡大、2025年は2018年比25.5%増、2,046億円の予測に。
    ○ライフスタイルの変化や慢性的な人手不足を背景に、時短や調理の簡略化需要が高まる。
    ○在宅向け流動食は薬局や量販店でも展開が進む。
    ○在宅高齢者の増加により、宅配サービスのニーズも伸長。前年比で2桁増の施設向け市場は今後も拡大へ。

    出典・参考:株式会社富士経済「高齢者向け食品市場の将来展望2019」

    高齢者向け食品の市場規模と2025年予測 詳細

     

    介護食、高齢者食、病者食の市場規模は今後も堅調に拡大の見通し

    ○高齢化、単身化、生活習慣病が市場の追い風に。
    ○2021年度の介護食、高齢者食、病者食を合算した国内市場規模は、コロナ禍においても伸長した。
    在宅配食サービスでは冷凍弁当・惣菜が堅調推移。
    ○国の政策や高齢者の生活スタイルの変化から、高齢者の住処は今後も変化する見通し。
    ○今後の市場では、在宅の単身高齢者や高齢者夫婦が買い物や調理の手間暇をかけることなく、栄養に配慮された美味しく安全な食事を喫食出来ることが求められる。

    出典:株式会社矢野経済研究所「介護食、高齢者食、病者食の市場に関する調査(2022年)」(2022107日発表)

    介護食、高齢者食、病者食の市場に関する調査(2022年) 詳細

     

    施設向け配食サービスのニーズが拡大

    人手不足の慢性化により、施設における配食サービスの利用が増えています。また、小規模施設向けや在宅向けの需要も増加傾向にあります。メディケアフーズ展には高齢者向けの食品・食事サービスなどの出展企業が集結します。さらなる市場拡大が期待される配食サービスの出展を是非ご検討ください。

    ○弁当宅配  ○調理加工済み食品宅配(完調品) ○献立付き食材宅配  ○半調品  ○クックチル製品
    ○その他、食事サービスに関連する人手不足対策の製品・サービスなど

    出展対象

    介護食・嚥下食

    高齢者向け食品、やわらか食、ソフト食、ムース食、きざみ食、摂食・嚥下困難者用食品、流動食、とろみ調整剤、非常食・備蓄食、口腔ケア製品 ほか

    治療食・栄養調整食

    糖尿病食、腎臓病食、減塩食、病態対応食、栄養調整食、アレルギー対応食、調味料、栄養管理ソフト ほか

    配食サービス・業務用食材

    宅配・配食サービス、調理加工済食品(完調品)、献立付き食材、業務用食材(切り身魚、カット野菜・肉、フリーズドライ)、小規模施設対応食、給食受託、乳製品、調味料 ほか

    デザート&和洋菓子

    高齢者向けのデザート、和洋菓子、ご当地菓子、伝統菓子、おやつ、乳製品、飲料 ほか

    厨房設備・調理器具・配膳

    厨房設備・機器、調理器具、配膳車、食器、栄養管理、給食管理、食材・在庫管理、感染予防・衛生資材、除菌・抗菌製品 ほか

    食品添加物・製造

    機能性素材・原料、調味料、甘味料、ゲル化・増粘安定剤など食品添加物、充填・包装、製造受託、パッケージ用素材、分析・計測、高機能食品・飲料製造加工 ほか

    来場者層

    介護・医療事業者

    有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、グループホーム、デイサービス、ショートステイ、居宅介護支援、訪問看護・介護、病院、診療所、リハビリ施設
    障がい者福祉施設、自立支援型施設ほか

    介護・医療従事者

    管理栄養士、栄養士、医師、歯科医師、看護師、ケアマネージャー、ホームヘルパー、リハビリ職(PT・OT・ST)、介護福祉士、薬剤師 、生活支援員、
    サービス管理責任者、地域移行支援員ほか

    給食・配食・流通

    給食受託、宅配・配食サービス、小売(薬局・ドラッグストア・GMS・通信販売など)、食品卸、医薬・医療卸、福祉用具貸与・販売・卸、食品製造 ほか

    行政・自治体

    地域福祉課、地域包括支援センター、社会福祉協議会、地方公共団体 ほか

      特別企画

      嚥下食メニューコンテスト 決勝審査会

      嚥下食学会分類・嚥下食ピラミッドへの該当性、食味、食感、美しさ、調理技術、栄養面の充実、料理の再現性などを審査ポイントに、決勝審査会ノミネート作品の中から最優秀グランプリ、準グランプリ、優秀賞、奨励賞、審査員特別賞を決定します。

      ○主催:一般社団法人日本医療福祉セントラルキッチン協会嚥下食ドットコム
      ○協力:メディケアフーズ展    ○後援:月刊「臨床栄養」

      特別協力

      特別協力:日本介護食品協議会

      会長 森 佳光

      日本介護食品協議会では、どなたにも食べやすくおいしい食事として楽しんで戴きたいという想いから、介護食品を「ユニバーサルデザインフード(UDF)」と定め、基準作りや普及活動を続けております。当協議会はメディケアフーズ展と連携し、介護食品のさらなる普及をめざします。

      開催概要

      名称
      メディケアフーズ展2025(第17回)
      会期
      2025年2月26日(水)・27日(木)・28日(金) 10:00-17:00
      会場
      東京ビッグサイト 東ホール
      出展申込
      一次締切日:2024年6月30日
      二次締切日:2024年9月30日 
      主催
      インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社
      後援
      公益社団法人全日本病院協会、公益社団法人全国有料老人ホーム協会、公益社団法人日本認知症グループホーム協会、公益社団法人認知症の人と家族の会、公益社団法人日本薬剤師会、公益社団法人日本栄養士会、公益社団法人東京都栄養士会、公益社団法人東京都介護福祉士会、一般社団法人日本医療法人協会、一般社団法人日本慢性期医療協会、一般社団法人日本在宅医療連合学会、一般社団法人日本リハビリテーション病院・施設協会、一般社団法人全国デイ・ケア協会、一般社団法人日本在宅介護協会、一般社団法人日本介護支援専門員協会、一般社団法人全国訪問看護事業協会、一般社団法人日本在宅栄養管理学会、一般社団法人日本保険薬局協会、一般社団法人日本医療福祉セントラルキッチン協会、特定非営利活動法人東京都介護支援専門員研究協議会、日本アクティビティ協会(順不同、予定)

       

      \"1分"で簡単入力!/
      出展資料請求